目次

秋合宿‐自分の足元を見つめて‐ - 地球市民アカデミア > 過去の活動 > 10期(2003年度)

国際協力、開発教育、貧困、メディアリテラシー、社会的企業、地域活性化などを、講義・ワークショップで学ぶ通年の市民講座。講師,ファシリテーターによる教材,手法,研修,セミナーの紹介。

記事一覧

ホーム > 過去の活動 > 10期(2003年度) > 秋合宿‐自分の足元を見つめて‐

秋合宿‐自分の足元を見つめて‐

講師:金迅野氏(大韓キリスト教会川崎教会日曜学校教師、劇団「ホランイ」メンバー)

世界の諸問題に関わっていくためには、まず自分がどこに位置しているのかを知ることが大切です。世界や社会を問う前に、私たちは隣の「他者」と望ましい関係性を築くことができているか、自分のアイデンティティはどこにあるのかを考える必要があります。自分の足元を見つめ直すワークショップを行い、後期の共働学習へつなげていきます。

【プログラムの様子】
講師:金迅野氏

「5本の指」のワークをしながら自分の中にある多様性について考えます。

開かれた物語「ほえることができない犬」を用いて行った演劇ワークショップ。

地球市民アカデミア 7-1.jpg 地球市民アカデミア 7-2.jpg

講師の金さんを囲んでの座談会
後期グループ学習のテーマ決め
前期の学びのまとめ

【受講生の感想】
・いかに生きるかを見つけ出していくことは大事だと思った。

・「ここには聴く耳がある」という言葉が胸に響いた。

地球市民アカデミア 7-3.jpg 地球市民アカデミア 7-4.jpg

コメント一覧

未承認 2016/08/23(火)20:30 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
文字色
編集キー
投稿キー
「2222」と入力してください。(スパム対策。)